ページの先頭です

知ってますか、106万円の壁

会社員の配偶者がパートなどで収入を得る場合、”103万円の壁”, “130万円の壁”というのを意識します。103万円というのは所得税のしきい値、130万円というのは社会保険のしきい値です。

まとめますと以下のようになります。

社会保険103

社会保険の仕組みが変わりまして、新たに106万円の壁ができました。

 

106万円の壁が発生するのは、厚生年金や共済年金に入っていて、以下の条件を満たす会社でパートをする場合です。

・従業員数501名以上の企業で働いている

・勤続年数は1年以上

・週に20時以上働いている

新たな制度をまとめますと以下のようになります。

社会保険106

個人的には、社会保険は会社の負担も大きいため、できれば発生させたくないものです。ただ現在はフルタイムで働く女性も多いので、その方々と同じように医療を受けられたり将来は年金をもらえるというのは不公平だと思います。会計業界という観点で考えると、女性の方が優秀だと思うことも多いので、こんな壁を意識して働くのをセーブするというのは、なんとももったいないというのが本音です。


アーカイブ

著書紹介