国際税務の税理士

プロビタス税理士法人

相談
無料

03-6271-1650

無料相談10時~18時(平日受付)

※営業のお電話はお断りしておりますのであらかじめご了承ください。

※営業のお電話はお断りしておりますのであらかじめご了承ください。

海外株式の譲渡損益がある場合や配当の損益通算 国際税務のことなら、プロビタス税理士法人。外資系企業100社以上の実績。インバウンド/アウトバウンドや外国人の確定申告に強み。専門家による安心の国際税務。

度重なる証券税制の改正により、日本と海外をまたぐ株式譲渡損益や配当の損益通算は非常に複雑になりました。国際税務の観点でも重要です。一度調べましたので、それをまとめます。
(1)
国内の金融業者を通じて行った国内上場株式等の譲渡損益と国外の金融業者を通じて行った国外上場株式等の譲渡損益は、損益通算が可能
(2)
国内の金融業者を通じて行った国内上場株式等の譲渡損益と国外の金融業者を通じて行った国外上場株式等の譲渡損益は、損益通算可能だけど、その結果生じた損失は、国内上場株式の配当等とは損益通算できない
(3)
国内の金融業者を通じて行った国内上場株式等の譲渡損失と国外の金融業者を通じて行った国外上場株式等の配当等は損益通算可能
(4)
国外の金融業者を通じて行った国外上場株式等の譲渡損失は、いずれの配当所得とも損益通算できない
つまりポイントは国外の金融業者を通じて行った国外上場株式等の譲渡損失は、配当所得と損益通算できないということだと思います。なんか不思議ですが、国外の金融業者を信頼していないということなんでしょうか?
(なおこの情報は2019年7月時点のものです)
業務案内トップに戻る ▶︎

無料個別相談申込み

無料個別相談申し込み 詳しくはこちら

代表メッセージ

アクセス情報

東京メトロ「外苑前駅」徒歩1分、「青山一丁目駅」徒歩8分
〒107-0061
東京都 港区北⻘⼭⼆丁⽬7番13号
プラセオ⻘⼭ビル3階

くわしくはこちらへ

お問い合わせ・ご相談はこちらへCONTACT

無料相談

年中無休24時間受付

03-6271-1650

※営業のお電話はお断りしておりますのであらかじめご了承ください。

最近迷惑電話が多いですが、見知らぬ事業者からの物品購入やサービス提供を受けることはありません。営業電話であった場合には、今後の着信拒否および迷惑電話の報告をいたします。

Scroll Up