港区で税理士・会計事務所に相談するなら、プロビタス税理士法人へ

税理士による海外移住者コンサルティングサービス

目次

プロビタス税理士法人は国際税務が専門です。国境をまたぐ取引を得意としています。コロナ禍が終わって、日本から出国されようとする方も増えています。対面でのコンサルティングサービスを提供しています。お気軽にお問い合わせください!!!

弊社では、日本からの出国者にまつわる様々な相談を受けており、すでに多くの記事を記載しています。

記事一覧

まず始めに居住者/非居住者の判定が大事になります。

有価証券で1億円を超える額のものを保有している方は、株式を売却していないとしても既に売却しているとみなして、キャピタルゲインの申告が必要です。出国税と言います。

出国税についての記事を以下にまとめています。

サラリーマンの方が海外赴任される際に呼んでもらいたい記事は以下になります。

日本に不動産を保有している方について、その不動産を賃貸に出す場合には要注意です。無申告の場合に、税務署にばれてしまって、税務調査により加算税を課された事例が枚挙にいとまがありません。

また海外に在住中に受ける日本の年金については以下をご参照ください。

海外赴任中に会社を退職した場合に、その退職金の受取については税務上検討しないといけないポイントがあります。

その他、日本で確定申告をするには納税管理人が必要になります。弊社では3万円で請けております。

日本から出国し、海外に引っ越しされる方は不安でいっぱいだと思います。その一つが税金だと思います。現在は無料相談を行ってはおりませんが、有料であれば相談を受けております。海外移住される方で、もし税金に不安のお持ちの方がいれば、お問い合わせいただければと思います。

最後に、移住先の税金について悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。地域には寄りますが、プロビタス税理士法人は国際的会計事務所ネットワークに加盟しておりますので、我々が信頼できる会計事務所を紹介することができます。お気軽にご連絡ください。

この記事の執筆者

片山 康史

税理士 / 中小企業診断士

プロビタス税理士法人代表。 「自分の知識と経験で皆を幸せに」をモットーに、税務の問題を解決する情報を発信しています。外資系企業向けの国際税務が得意です。